予選審査員

秋田 悠一郎
幼少よりヤマハ音楽教室専門コースにて演奏、作曲、アナリーゼ、アンサンブルなどを学び、その後東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て現在に至る。現在は東京と九州を中心にソロリサイタルをはじめ室内楽やヴァイオリン、チェロ、フルート、声楽家などと共演をしている。ライフワークとして行っているピアノトークコンサートは、幅広い年齢層の聴衆から好評で、音楽の楽しさや、綺麗な音の魅力さなどを伝えている。演奏活動以外にもレッスン、アナリーゼクラス、コンクールの審査など後進の指導も行っている。

 

 

 

 


奥村 友美
静岡県浜松市出身。4歳よりピアノを始める。東京藝術大学附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学卒業。同声会賞および読売新人賞受賞。第46回全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部第1位受賞。弱冠19歳でパデレフスキー国際ピアノコンクール(ポーランド)第1位受賞。2001年に渡独し、財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生として、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学及び同大学院にて研鑽を積む。2005年ケルン国際ピアノコンクール第3位。2006年ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール(スイス)第3位を受賞、副賞としてコンサート契約を交わし、ボーデン湖音楽祭、チェスキークルムロフ音楽祭に招待されるなどヨーロッパを中心に15か所でリサイタルやオーケストラとの協演を果たす。2008年ベルリン音楽大学ハンスアイスラー大学院を最高位の成績で卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。同年ドイツ、チェコ5都市でのコンチェルトツアーも好評を博した。
浜松フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ブランデンブルク管弦楽団、西ドイツ放送交響楽団、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、チェコ国立モラヴィアフィルハーモニー管弦楽団など国内外のオーケストラと協演。NHK-FM「名曲リサイタル」、第30回横浜市招待国際ピアノ演奏会に出演するなど、国内外にてソロ・室内楽の分野で意欲的に活動する。現在、演奏活動の傍ら国立音楽大学にて後進の指導にあたっている。
オフィシャルサイト tomomiokumura.com

 


大藪 祐歌
東京藝術大学音楽学部器楽科を卒業後ハンガリー国立リスト音楽院修了。第10回ブラームス国際コンクール第2位(オーストリア・ペルチャッハ)、第4回リスト=バルトーク国際ピアノコンクール第1位(ハンガリー・ブダペスト)受賞等。帰国後は名古屋、沖縄で定期的にリサイタルを開催するとともに、全国各地にて演奏活動を展開。著名なソリストからの信頼も篤く様々な分野で活躍する演奏家と共演し活動の幅を広げている。名古屋フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、ロンドンアンサンブル、沖縄交響楽団、カンマーゾリスデン21、琉球大学交響楽団等と共演。2018年2月にはこれまでの演奏、教育活動に対して沖縄タイムス社より芸術選賞奨励賞を受賞した。現在、沖縄県立開邦高等学校芸術科、沖縄県立芸術大学ピアノ科非常勤講師。クラシックを通じた社会貢献を目指す団体、NPO法人音楽で「つながる」会Caprice代表。

 

 

 


小沢麻由子
東京藝術大学、同大学院を経てパリ・エコールノルマル音楽院にてピアノと室内楽のコンサーティストディプロムを取得し修了。文化庁派遣芸術家在外研修員、ロームミュージックファンデーション奨学生。ソフィア国際コンクール(ブルガリア)優勝。国内外で数々のリサイタルを開催、音楽祭出演、オーケストラと共演しいずれも高い評価を受けている。ナミレコードより5枚のCDをリリースし、最新版「小沢麻由子playsドビュッシー」はレコード芸術準特選版等に選出される。第19回青山音楽賞受賞。沖縄県立芸術大学准教授、スタンウェイ・アーティスト。

 

 

 

 


海瀬 京子
東京音楽大学付属高校・同大学・同大学院修了。ベルリン芸術大学にてDiplom、ドイツ国家演奏家資格を取得。ピティナピアノコンペティション特級準金賞、日本音楽コンクール第1位、ポルト市国際音楽コンクール第3位他入賞多数。東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団等と共演。各地でソロリサイタルや室内楽の演奏会にも多数出演。現在は音楽活動の他、FM番組パーソナリティ、伊豆の国市のシティ・プロモーションを担う「いずのくに大使」等、幅広い活躍をしている。東京音楽大学・常葉大学非常勤講師。

 

 

 

 


川田 健太郎
1983年東京都生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業後、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院卒業。2007年度ローム ミュージック ファンデーション奨学生。第14回かながわ音楽コンクール中学生の部第1位、第1回青少年盛岡国際ピアノコンクール第3位、第4回東京音楽コンクール第3位。第15回ラフマニノフ国際ピアノコンクールファイナリスト等受賞多数。ソリストとして、ワルシャワ国立フィル、 東京フィル、東京ニューシティ管、神奈川フィル、仙台フィル、大フィル、大響と共演。近年は演奏活動の他に、映画、ドラマ、アニメ、舞台等の劇中ピアノ演奏、手元吹替演奏、演奏指導を担当するなど、ジャンルを越えて幅広い音楽シーンで活動。恩田陸「蜜蜂と遠雷」リーディング・オーケストラコンサートのソリストとして抜擢され、東京大阪6公演のソリストとしてピアノ協奏曲を演奏、好評を博した。クラシック音楽にとどまらず、近年では辛島美登里、NAOTO、三浦大知、家入レオ、中川晃教などのアーティストとも共演し、ジャンルを越えたフレキシブルな活動を展開している。
ピアノを元木浩子、日比谷友妃子、故竹島悠紀子、横山幸雄、ナターリア・トゥルーリの各氏に師事。室内楽をドミトリー・ カプリン、歌曲伴奏法をマルガリータ・クラフチェンコの各氏に師事。現在、名古屋芸術大学、白梅学園大学・短期大学、各講師。

 


塩見亮
京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)、東京芸術大学音楽学部を経て渡独、マンハイム音楽大学大学院研究課程室内楽・歌曲研究科、芸術家育成課程、演奏家育成課程をそれぞれ最優秀で卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。第47回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部1位。平成19年度平和堂財団芸術奨励賞、平成24年度大津市文化奨励賞、2008年度バロックザール賞、第32回京都芸術祭京都府知事賞。京都市立芸術大学音楽学部、相愛大学音楽学部、京都市立京都堀川音楽高等学校各非常勤講師。

 

 

 

 


武田 光史
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。第24回藝大定期(室内楽)に出演。沖縄県立芸術大学大学院音楽芸術研究科演奏芸術専攻ピアノ専修修了。沖縄県立芸術大学オーケストラとベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番を共演。第22回沖縄ピアノコンクールグランプリ受賞。これまでにピアノを鈴木トヨミ、平塚久子、鹿目美智子、日比谷友妃子、渡辺健二、平井丈二郎、岩崎セツ子の各氏に、指揮法を遠藤雅古氏に師事。現在沖縄県立芸術大学音楽学部非常勤講師。2010年から毎年南城市文化センターシュガーホールにてピアノリサイタルを開催。2011年度(第46回)沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞。

 

 

 


西野洋子
愛知県立明和高校音楽科卒業後、国立音楽大学器楽学科ピアノ専攻、ベルリン芸術大学音楽学部ピアノ専攻を経て国立ケルン音楽大学にてドイツ国家演奏家資格取得。これまでに尾高節子、Guenter・Plage、Erich・Andreas、Helmut・Weinrebeの各氏に師事。帰国後は尾高忠明氏指揮・日本フィルハーモニー交響楽団、大河内弘氏指揮・ウライタナル弦楽合奏団演奏会などなどのソリストをつとめる。また、東京、名古屋、徳島、松山の各地でのリサイタル、N響トップメンバーとのピアノ三重奏演奏会を行っている。


前川晶
4歳からピアノと作曲を学ぶ。第48回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第2位。名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。ドレスデン国立音楽大学ディプロム課程を経て、同大学国家演奏家資格課程を修了。これまでにドレスデンシンフォニエッタ、三重大学管弦楽団、セントラル愛知交響楽団とピアノ協奏曲を共演。2011、2015年四日市にて、2018年名古屋にてソロリサイタルを開催。服部浩美、藤井博子、播本枝未子、渡辺健二、Gunther Angerの各氏に師事。現在、名古屋芸術大学芸術学部芸術学科音楽領域非常勤講師。日本ピアノ教育連盟、日本ショパン協会各会員。