確かな審美眼

ベートーヴェン国際ピアノコンクールアジアは東京藝術大学、桐朋学園大学、東京音楽大学をはじめとする教授陣、世界の第一線で活躍する演奏家を審査員にお迎えし、確かな審美眼でコンテスタントの演奏に耳を傾けます。本コンクール入賞者はその後、日本音楽コンクール優勝やPTNA特級、その他数々の国際音楽コンクールに入賞し続けています。

 

A部門[6歳以下]は予選無料
初めてコンクールに挑戦する子も多いA部門はなんと予選出場は無料!(※)
もちろん審査員は他の部門と同じなので審査のクオリティも安心。事務局・審査員一同、皆さまの出場をあたたかくお迎えいたします。※録画予選を除く
録画審査振替で感染対策
開催エリアの新型コロナウィルス感染状況に不安がある場合、録画審査への振替もOKなので安心安全!当日の受付もスマホを活用したオンラインチェックイン方式。皆さまの健康を第一に事務局一同、全力でサポートいたします。
充実した入賞特典
日頃の頑張りが目に見えるかたちとしてトロフィーやメダルはもちろん、入賞者演奏会では横浜シンフォニエッタメンバーとの共演機会が用意されています。その他ソロリサイタル、ジョイントコンサートを各地で開催しております。
全国7都市で予選開催
日本各地はもちろん海外予選も開催し、毎年のべ250名以上が出場!入賞者にはテレビ局からの取材依頼や、知事への表敬訪問や教育委員会からの賞の授与など、大きく注目を集めています。

正統派コンクールだからこそ、着実なステップアップ

日本国内はもとより、世界各地で数多くのコンクールが開催される時代ですが、本コンクールは2015年、”楽聖”ベートーヴェンをテーマにした国際音楽コンクールとして発足しました。その後、試行錯誤を重ねながら全国規模の国内有数のコンクールに至り、入門者から世界へ羽ばたくことを目前に控えたアーティストに至るまで、様々な出場者をお迎えしました。いずれの入賞者も「その後」を続けられるよう、ソロリサイタルやジョイントリサイタルの開催、ピアノ協奏曲の共演など、演奏機会を通してさらなる実力向上を図れるよう、継続的な支援をしてまいりました。第6回を迎える今年も、皆さまが自信をもって豊かな音楽表現を舞台で披露できるよう、サポートします。

 

お知らせ